2017年08月09日

お問い合わせ先

<アルバイト、撮影アシスタントを常時募集しています。>
年齢、学歴不問。興味がある方は、jun_hiraga@hotmail.comまでご連絡ください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<ドローン交流会 募集は終了しました。>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ドローン空撮のご依頼は、info@daishizen-drone.netまでご連絡ください。

通常の撮影依頼は、jun.daishizen@gmail.comの
オフィスダイシゼンまでご連絡頂ければ幸いです。


10月13日〜24日までは、アフリカ方面に撮影で滞在しておりますので連絡は、jun_hiraga@hotmail.comまで宜しくお願い致します。

11月9日から月末までは、アメリカ、メキシコにて撮影滞在しておりますのでjun_hiraga@hotmail.comまで宜しくお願い致します。


4AAC19C1-7D22-4FF9-9A0D-CF81EFB3037F.jpg

posted by jun at 22:34| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHK総合 北アルプス ドローン大縦走



7月中に北アルプスで撮影していました番組がいよいよ放送されます。
北アルプスの絶景をドローンで空撮していますので、
山の日の夜にお時間あれば是非、ご覧ください。

8月11日 NHK総合 19時30分より「北アルプス ドローン大縦走」


posted by jun at 22:09| Comment(1) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

NHKドキュメンタリー 「田部井淳子 最後の山へ」

1月7日にも放送されましたNHKドキュメンタリー「田部井淳子 最後の山へ」が4月3日に放送されますので
お時間あれば是非、ご覧ください。

2017年4月3日(月) 午後3時45分〜です。

番組サイトはこちらです。

IMG_00111.JPG
posted by jun at 14:54| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

NHK 特集 小さな旅 「山の歌 総集編」 尾瀬パート ドローン空撮

4月1日17:00より放送されるNHK 特集 小さな旅 「山の歌 総集編」の尾瀬パートをドローン空撮を担当しました。

公式サイトはこちらです


012F858B-6B13-4A42-8E85-BECB49FEB769.jpg

posted by jun at 16:46| Comment(0) | ドローン撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

NHK BS1グレートレース「イギリス大荒野 霧の中の奴を追え」

2017年3月12日(日)にグレートレース「イギリス大荒野 霧の彼方のヤツを追え」が放送されました。
再放送、15分番組、5分番組とありますのでサイト等で宜しければ、チェックしてみてください!
公式サイトはこちらです。


949DA8B2-0A1C-4ECA-AFD0-CB60BC5E911B.jpg
posted by jun at 15:10| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

NHK BS1 グレートレース「ヒマラヤの自転車レース 天空を駆ける330km」

2017年3月5日にグレートレース「ヒマラヤの自転車レース 天空を駆ける330km」が放送されました。
再放送や15分番組、5分番組もありますので、是非、チェックしてご覧ください。

番組公式サイトはこちらです。



2940D184-899E-46B4-8A8C-7E2FFC78CC40.jpg

posted by jun at 15:02| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

書籍「アドベンチャーレースに生きる」

田中正人さんとと田中陽希さんの共著。

私も第3章の「自分にとってのイーストウィンド」にて紹介されておりますのでお時間あれば是非!

ところで、イーストウィンドで初めてお世話になった年齢は19歳の時だから、出会ってから今年の9月で20年となる。日本映画学校のドキュメンタリー科を休学して所属したイーストウィンド。わずか1年の所属ではあったが、
実に強烈な1年だった。

ご購入は、こちらです。

22E7671A-9D1F-443F-9CA5-9F6F311E4B43.jpg
posted by jun at 15:50| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NXCAM HXR-NX5R 導入

撮影機材:SONY NXCAM-NX5Rを導入しました。

下記は、SONY の極限の目撃者のサイトはこちらです



F1806C47-320A-4B51-888E-4AFE96E1E48A.jpg
posted by jun at 15:16| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

NHK BSP ふらっとあの街 10キロ「鎌倉編」

ふらっとあの街 10キロ「鎌倉編」 
2017年2月23日、NHK BS プレミアムにて放送されました。

公式サイトはこちらです。

B7D0AF77-1C05-4C45-BCAC-B6FC67D420F8.jpg
posted by jun at 16:54| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

ピークエイド主催 第三回 富士山ビュートレイル 撮影

野口健さんが主催するNPO法人ピークエイドの第三回「富士山ビュートレイル」 

今年は奥多摩で開催されました。天気も素晴らしく、トレイル日和、撮影日和でした!
公式HPはこちらです

ビュー.png

posted by jun at 06:40| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

NHK BSP 新日本風土記「成田」

新日本風土記「成田」のドローン空撮を担当しました。

2月17日(金)午後9時〜です。

番組サイトはこちらです。

写真は、成田山新勝寺。
A35C669F-F1F9-4D53-9E6A-21EF04072292.jpg
posted by jun at 16:22| Comment(0) | ドローン撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

NHK さわやか自然百景「千葉 外房 いすみの海」ドローン撮影

さわやか自然百景「千葉 外房 いすみの海」ドローン撮影を担当しました。
2月12日に放映されました。

番組の公式サイトはこちらです

4AE6E4EC-41B5-4105-8B3D-7F144D987A8C.jpg
posted by jun at 16:30| Comment(0) | ドローン撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

DJI Phantom4 Pro 導入

DJI Phantom4 Pro 導入しました。安定性抜群で、4K60Pの美しい空撮映像も素晴らしい。

空撮の依頼は、jun.daishizen@gmail.comまでお願い致します。

写真は、山中による初フライト前の写真です。

F4B64395-21A4-4A52-A9A1-F0BA1858DAFA.jpg
posted by jun at 15:43| Comment(0) | ドローン撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

GARMIN GPSMAP 64SJ導入

GARMIN GPSMAP 64SJ導入しました。

ガーミン.jpg
posted by jun at 14:46| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

NHK BS1 グレートレース 「熱砂の海を走り抜け!ナミブ砂漠250Km」

1月3日、「グレートレース「熱砂の海を走り抜け!ナミブ砂漠250km」が放映されました。
舞台は、アフリカ、ナミビアのナミブ砂漠です!

下記は、公式サイトはこちらです。







F6B4326B-D8DB-4CF3-9851-FC7E5FF6840F.jpg

DC1885B4-16FF-4191-A994-4AF800C92352.jpg

E0FD2BC9-39CD-4B1E-8F5E-331FE458CC1B.jpg

327A7817-03CE-4215-8106-C2E8D2BD3B6C.jpg

posted by jun at 07:06| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

NHK BS1 グレートレース 「絶壁を越えろ!アルプス縦断250km」

1月2日19時よりBS1にてグレートレース「絶壁を越えろ!アルプス縦断250km」が放映されますので
お時間あれば是非ご覧ください。

下記は、公式サイトはこちらです。


また360度カメラの特設サイトはこちらです。


6307F836-0F3A-4690-AA04-30A9589767AB.jpg


4E9E45FB-6ADD-469E-BEBA-06A439D0F225.jpg


0A86E840-8EBB-409F-B85D-7F3A79C64A28.jpg


DD14A77B-F6D2-48DF-BE29-63A9737B86A1.jpg


posted by jun at 06:59| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

カメラアシスタント募集


「カメラアシスタント募集」

新しいカメラアシスタントを募集しています。
経験不問。
大自然が好きでガッツのある18歳から28歳までの男性を募集しています。
(要普通免許)
興味がある方は、jun.daishizen@gmail.comまで連絡下さい。
537EA748-5E20-46C3-9EE7-275AE79D2E48.jpg
posted by jun at 12:28| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

NHK「神の領域を走る パタゴニア極限レース141km」

ようやく「神の領域を走る パタゴニア極限レース141km」が放送されます。
10月2日(日)[総合]後9:00からですのでお時間あれば是非ご覧ください。

749423F1-CB97-4EF1-81C5-B2EBB926B24A.jpg7DCF57DC-CC47-44E1-A0F2-F0231B278A45.jpgEF2B541C-8C04-4B03-B151-719FECCF6F0B.jpg64CF92C5-7DC4-4674-A6E0-D9388F6ABCDC.jpgED7F92B0-9EE9-472C-92DD-D87ACAE6CB64.jpg

posted by jun at 16:25| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

NHK BSP 「激走!日本アルプス 超人たちの4年後〜トランスジャパンアルプスレース2016〜」

TJAR2016。
『ザ・プレミアム「限界に挑め!天空の超人たち〜激走!日本アルプス・2016〜」』
NHK BSプレミアム 9月24日(土) 午後9時〜 です。

番組ホームページは、こちらです。
posted by jun at 14:06| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

NHK BSP にっぽんトレッキング100 「知床」

8月4日5日に NHKのBSPにて撮影で参加した番組、にっぽんトレッキング100の知床編が放送されました。

posted by jun at 07:48| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

雑誌「ピークス」9月号 写真撮影 岩稜縦走ルート 西穂高岳〜ジャンダルム〜奥穂高岳 

雑誌「ピークス」9月号 写真撮影。
岩稜縦走ルート 西穂高岳〜ジャンダルム〜奥穂高岳 

ピークス.jpg
posted by jun at 14:35| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

NHK 小さな旅 シリーズ山の歌 夏「楽園に抱かれて〜尾瀬 至仏山〜」 ドローン撮影担当

小さな旅 シリーズ山の歌 夏「楽園に抱かれて〜尾瀬 至仏山〜」 ドローン撮影を担当しました。
2016年7月31日放送


番組公式サイトはこちらです。

012F858B-6B13-4A42-8E85-BECB49FEB769.jpg
posted by jun at 17:11| Comment(0) | ドローン撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

フィールドライフ No.49 秋号 表紙撮影

えい出版のフィールドライフ No.49 秋号の表紙及びルポ写真を担当しました。舞台は、紅葉まぶしい南アルプスです。
ルポ内でも、山旅の様子が克明に記録されておりますので是非ご覧ください!!!

field_life_no49-197x197.png


詳細はこちらですので、ぜひご覧ください。

南アルプスは、私にとって特別なフィールド。個人山行でお邪魔させていただいても、心から満足できる場所であり、心のふるさとです。何度歩いても毎回、新しい発見がある。今年は、いまだ歩いていないルートも検討し、歩いてみたいな〜。




posted by jun at 09:24| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドローン空撮:諸戸氏庭園(もろとしていえん)

ドローンにて諸戸氏庭園(もろとしていえん)を撮影。三重県桑名市にある庭園で旧諸戸清六邸(西諸戸邸)として知られている。こちらの諸戸氏庭園は現在、大規模な改修、補修工事が行われており、今回、空撮を通して貴重な歴史、文化遺産の記録撮影をさせて頂きました。上空から捉えた庭園の優美な姿は、言葉にならない。

さらに詳しく庭園について知りたい方は、こちらをご覧ください。



posted by jun at 09:17| Comment(0) | ドローン撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テレビ東京 土曜スペシャル 「ナイトウ旅行社」 ドローン空撮

テレビ東京 土曜スペシャル ナイトウ旅行社の7月23日分放送の一部ドローン空撮。

公式サイトはこちらです

7月23日(土曜)夜6時30分からです。

posted by jun at 08:54| Comment(0) | ドローン撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

New Acoustic Camp 2016 


9月17日、18日に開催するNew Acoustic Camp 2016の告知動画を製作させて頂きました。
オフィシャルサイトですので、チケット等の最新情報は、下記です。
公式ウェブサイトです(リンク)


代々木のLittle Nap COFFEE STANDにて対談形式で映像収録。
New Acoustic Camp SPECIAL対談 ’16「TOSHI-LOW × Candle JUNE」ですので是非ご覧ください!

お二人のNew Acoustic Camp への想いがとても詰まっています!!
撮影:jun  編集:takagawa 製作:daishizen




posted by jun at 07:43| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

本日、グレートトラバース最終章が放映されます

いよいよ本日、グレートトラバースの放送です。

NHK BSプレミアムにて本日午後9:00〜10:59の時間帯で放送されますので是非ご覧ください。


image1.JPG






posted by jun at 19:55| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

Liart & JeepR コラボ企画@朱鞠内湖の動画公開

Liart & Jeepレジスタードマーク コラボ企画@朱鞠内湖の動画公開がされていますのでご紹介させていただきます。昨年の6月に、PV製作を担当させて頂き、北海道朱鞠内湖にて撮影でお世話になりました。どこまでも美しい朱鞠内湖で、日が暮れるまで撮影した日々が思い出されます。フライフィッシングの世界を初めて生でみる機会を頂き感謝です。幻の魚、イトウは果たして釣れるのか?フィッシングチャレンジの映像もありますのでご覧ください!!!合計3本あります!

一応、撮影の合間に、人生初、サクラマスを釣った事はよき思い出!









posted by jun at 18:31| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「グレートトラバース2:プロローグ 」放送のご案内

撮影でお世話になりました番組の御案内です。

「グレートトラバース2:プロローグ 田中陽希・二百名山へ!新たなる旅立ち」

2015年6月27日(土) NHK BSプレミアム 午後9時

以下、番組紹介文より抜粋〜
日本百名山完全踏破から7ヶ月、田中が次に目指すのは「日本二百名山」。その二百名山のうち百名山を除く100の頂の完全踏破を目指します。8月からの本放送に先立ち、プロローグでは、新たなる旅を決意した心境、旅の準備から出発の様子、さらにまだ見ぬ二百名山とはどんな山が待っているのかなど、「グレートトラバース2」の魅力を徹底紹介します。

番組ホームページは下記です。

NHK グレートトラバース2〜日本二百名山一筆書き踏破〜




posted by jun at 09:00| Comment(1) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

TBS「日本の名峰 絶景探訪」小蓮華山の撮影を担当致しました。

BS-TBS 「日本の名峰 絶景探訪」の北アルプス、小蓮華山の撮影を担当致しました。

2015年5月2日 夜9時よりBS-TBSにて放送されます。
番組ホームページは、こちらです。



image.jpeg

以下、番組の紹介文より〜
新潟県と長野県の県境にまたがる小蓮華山は、標高2,766mであり、新潟県の最高峰。
頂上に鉄剣と石仏が祀られ、古くから信仰のための登山が行われていたことから、大日岳の別名を持つ山である。

この小蓮華山で、今回雪洞づくりに挑むのは海洋冒険家の白石康次郎さん。
番組でおなじみのガイド・赤沼さんとタッグを組み、雪山登山の醍醐味を味わう。


posted by jun at 08:33| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月30日

NHK にっぽんトレッキングBest20!・春

NHK 「にっぽんトレッキングBest20!・春」にてみちのく潮風トレイル、屋久島のドローン撮影を担当しました

BSプレミアム 4月29日(水)放送
「前編」 午後1時〜2時30分
「後編」 午後7時30分〜9時



以下、番組案内より抜粋〜

トレッキングコースをランキング形式で紹介。
前編は北関東屈指の人気スポットにして全国ベスト20にもランクインした、奥日光から生中継。標高1400mの高層湿原・戦場ヶ原と、中禅寺湖畔の手付かずの原生林を歩く。戦場ヶ原コースでは、滝や日光連山の絶景やカワマスやヒタキ類の鳥など早春の生命の息吹を味あう。中禅寺湖畔では癒しの森と季節によって大きさを変える不思議な湖沼を歩きトレッキングの醍醐味を体感する。
後編は、アンケート集計による『この春行きたいトレッキングコース』ベスト20を発表!世界遺産「屋久島」や「白神山地」、三陸海岸沿い奇岩やウミネコが遊ぶ「みちのく潮風トレイル」、歴史も自然も楽しめる「京都一周」、都心に近く長い期間様々な花が楽しめる「奥多摩・御岳周辺」などゴールデンウイークから初夏にかけて挑戦したい憧れのコースが続々と登場!達人によるトレッキング最新情報&技術も必見!
posted by jun at 00:00| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月27日

撮影@グレートレース「「世界で最も寒く過酷なレース カナダ・ユーコン700km」」放送のご案内

撮影でお世話になりましたグレートレースがいよいよ今週末に放送されますのでお時間あれば是非、ご覧ください。番組ホームページは、http://www4.nhk.or.jp/greatrace/


下記の写真は、今回の撮影を完璧に補助してくれたユーコン在住のジャズさんです。
マイナス40度の中、二人っきりで焚き火したり野宿した経験は、一生の宝物!

image のコピー.jpeg


NHKBS1午後7時00分〜午後8時50分

気温マイナス40度にもなるカナダ・ユーコン準州の雪原700kmを、13日以内に走破するという極寒のグレートレースが開かれた。かいた汗はたちまち凍りつき、選手の体に凍傷をひき起こす壮絶なレース。リタイア率50%という世界で最も寒く過酷なレースに、今年初めて日本人選手が参加した。アスリートたちの命がけの闘いを、日本人選手の奮闘ぶりと併せてドキュメントする。
posted by jun at 17:28| Comment(1) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

2015年も宜しくお願い致します

2015年もどうぞ宜しくお願い致します。国内外の様々なフィールドで活動を展開していきたいと思います。

今年は昨年以上に初心、努力、感謝、自然に対する敬意、そして遊びごころ、この5つの気持ちを忘れずにより一層、精進していきたいと思います。

「努力は夢中に勝てない」を2015年のキーワードに走っていきますので本年も宜しくお願い致します。

1月12日から1月18日までカナダに滞在していました。詳細はまた改めて!



image.jpeg


posted by jun at 09:25| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

いよいよ2015年が幕を開けました。今年もこれまでの1年と同じようにコツコツを大切に、健康に元気に活動を展開していきますので宜しくお願い致します。

IMG_4176.jpg
posted by jun at 23:49| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

本日、BS1にて撮影で参加させて頂いた「死闘!コスタリカ横断850キロ」が放送されます!

昨年12月に撮影でお世話になりました「死闘!コスタリカ横断850キロ」が本日BS1にて午後1時から放映されますのでお時間あればぜひ、ご覧ください。

http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2014-12-30&ch=11&eid=4971&f=2443

posted by jun at 11:33| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィールドライフ 冬号 チョキ探検隊の撮影を担当

エイ出版のアウトドアマガジンのフィールドライフ冬号にて、チョキ探検隊の撮影を担当させて頂きました。
機会あれば、アウトドア関連のショップ等で、フリーマガジンとして置いてありますのでぜひ、手にとってご覧いただければと思います。いよいよ今年も残すところ、後、1日。みなさん、怪我のないよう、また事故に巻き込まれないよう最新の注意を払って遊びましょう!
1518679_766729470074035_6561523417427522799_o.jpg
posted by jun at 11:24| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

グレートトラバース

今年、1年を自身で振り返ろうとすると、このキーワードが半分以上、占めてしまいます。
それは「グレートトラバース」。
アドベンチャーレーサー田中陽希が、人力で挑戦する百名山一筆書きの挑戦。
今回、撮影で深く関わらせて頂き、感謝、この一言しかありません。

全国各地を回りながら素敵な出会いが何度もありました。厳しい大自然の中で、何度も大自然の風景に癒されて
きました。何より番組スタッフと共に事故なく最後まで撮影できた事、現場以外にも影で支えてくださったたくさんのスタッフの皆様のおかげで無事に終了できた事が何より嬉しく思っています。

という事で、第1章から第5章まで既に番組は終わっていますが、いよいよ達成記念特番、放送致しますのでお時間あれば、ぜひ、ご覧ください。

もうひとつのグレートトラバース」
12月27日(土)午後10時30分 [BSプレミアム]

「グレートトラバース ゴール達成記念 特番」
BSプレミアム 12月28日(日)19時30分〜20時29分 
※再放送 BSプレミアム 2015年1月4日(日)12:45〜13:44

こちらは番組ホームページです。http://www.nhk.or.jp/greattraverse/
posted by jun at 00:33| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月24日

sony「 極限の目撃者」にてヒマラヤの映像が紹介されました

SONYのウェブサイト「極限の目撃者」にてヒマラヤの映像が紹介されました。
この中で、日頃から使用しているNXCAMカムコーダー HXR-NX70Jを紹介させて頂いていますので
興味のある方は是非、御覧ください。

http://www.sony.jp/camera/sony_videocamera/index.html
スクリーンショット 2014-12-24 3.23.06.png
posted by jun at 03:32| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月22日

再放送のお知らせ

再放送のお知らせです。
昨年12月に中米のコスタリカに取材で大変お世話になりました。
あの熱風と情熱的な人々の顔が忘れられません!
お時間あれば是非、御覧ください。

NHKのBS1スペシャル 死闘!コスタリカ縦断レース・850キロ
放送日:平成26年12月30日(火)13:00〜14:49 NHK-BS1

image (1).jpeg
posted by jun at 16:15| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドキュメント御嶽山大噴火

本日は、ドキュメント御嶽山大噴火を読了!!
あの時に何があったのか。現場の声が詳細に描かれ、また当事者の証言が生々しい程の言葉で、「あの現場」を伝えていきます。

読んでいて、ただただ苦しくなりますが、
目を逸らしてはいけない事なのだと感じます!!!



4EE6DFF1-F4DB-4235-BA90-A0CE90E910B0.jpg
posted by jun at 00:41| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月20日

NHK BS1にてランスマ本日、放映です。

本日、放映のNHK BS1にて放送される「ランスマ」にて撮影に参加させて頂いています。

【BS1】2014年12月20日(土)午後6:00〜6:28ですので、お時間あればぜひ、ご覧ください。

以下、番組概要です。
こどもの国駅伝
全員集合!走って年忘れ!
横浜・こどもの国で開かれた駅伝に、ラン×スマ・ファミリーが全員集合!1周4kmのコースを5人でつなぐ駅伝。亮さんチーム、金さんチームにわかれて勝負。アップダウンの多いコースを力走!初登場あの人の意外な走りや、亮さんと金さんのアンカー対決など、みどころいっぱい!さあ、2014年を走って年忘れ!

http://www.nhk.or.jp/run/
上記番組ウェブサイトです。
posted by jun at 17:48| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月19日

アルバイト急募(1名)

アルバイトを1名募集致します。基本は週2日から週3日でお願いできればと考えていますが、
条件面も含めて要相談です。業務は、撮影補助や企画、その他。
時給1000円で1日8時間です。交通費別です。山や海、アウトドアが大好きな方、大歓迎です。
男女年齢不問です。

興味がある方はjun_hiraga@hotmail.comの平賀まで直接ご連絡ください。
posted by jun at 10:13| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

写真家 松本紀生さんの写真展とフォトライブへ!

2014年12月12日〜18日まで、都内のFUJIFILM SQUAREにて開催されている写真家、松本紀生さんの写真展に
伺ってきました。今年、アラスカの大自然を舞台にした写真集、アラスカ原野行を出版されたばかりの松本さんですが、写真は迫力のあるアラスカの野生動物やオーロラの数々です。野生動物の激しく燃える命を感じさせる躍動感のある写真は圧巻でした!また、20年以上、継続して撮影を続けるマッキンリーとオーロラの写真も素晴らしくこの世にこんな美しい世界があるのかと思わせる素敵な写真ばかりでした!
僕も今年の冬、番組の撮影で一部ではありましたがアラスカの現場でお世話になりました。そして、来年の1月には再び、またあの極寒の地で、世界で一番美しい写真を撮影に行くとおっしゃっていました。どこまでもまっすぐな心で被写体と向き合っている松本さんと再会できて本当によかったです。


image.jpeg

また、こちらは、アラスカ現野行の写真集です。書店でも、Amazonでも購入可能かと思いますので、是非、
購入されて御覧頂ければと思います。心がはっとする素晴らしい写真ばかりですよ!!

Unknown.jpg
posted by jun at 10:12| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山と渓谷2015年1月号にて100人の名ルート紹介で、私もルート紹介しています!

山と渓谷2015年1月号にて100人の名ルート紹介で、私もルート紹介していますので、
是非、チェックしてみてください。

いよいよ冬山シーズン到来です。皆さん、安全におもいっきり楽しみにましょう!!
 
2814900957-170x.jpg
posted by jun at 03:21| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月12日

山と渓谷 2014年12月号 にて第二特集「年末年始は山小屋で」の写真担当

山と渓谷 2014年12月号 にて第二特集「年末年始は山小屋で」の写真を撮らせて頂きました。
昨年の12月31日から1月2日まで、八ヶ岳の根石小屋でお世話になりました。
山小屋で自分自身も初めての年越し、お正月でした。素敵な山小屋のスタッフのみなさん、宿泊客の皆様のおかげでよい思い出と共に取材ができました。お時間あればぜひ、ご覧ください。

100000009002206007_10204_001.jpg
posted by jun at 07:28| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月11日

今週放送NHK BS 「アスリートの魂」 野生へ駆けろ トレイルランナー 山本健一 撮影を担当させて頂きました!

いよいよ放送です。
今週放送、NHK BS1にて、「アスリートの魂」にて野生へ駆けろ 
トレイルランナー 山本健一の撮影を担当させて頂きました!
国内ロケからインド洋、レ・ユニオン島のレースまでを撮影担当しましたので、ぜひ、お時間あれば放送の方、ご覧ください。

放送は、NHK BS1にて12月12日(金)の夜24:00からです。つまり、土曜日という事ですが、
土曜日の夜中ではありません。金曜日の夜中放送ですので、お間違えないように宜しくお願い致します。

http://www.nhk.or.jp/tamashii/
また、上記のNHKのアスリートの魂のサイトにて、再放送を含めた情報がご覧頂けます。
総合では、12月17日の夜中の1時30分からです。厳密には18日という事になりますが、上の説明の通り、
17日の夜中に放送されますので、これもまたお間違えないようにお願いします!


10856497_623832631056762_4593095653457713011_o.jpg
posted by jun at 14:04| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

人生初のオーロラ

実は2014年に入るまでオーロラをみたことがなかった。もちろんみたことがないわけだから撮影した事もない。
世界中の現場を訪問、滞在する事が多い僕に対して、よくある質問の一つはこれ。
「オーロラはきれいでしょう」と。まるで既に僕がオーロラを当然ながらみた事があるような質問に、僕はドギマギしながらも「いや、まだないんです」と苦笑いで答えていました。別にみていない、それ自体は恥ずべきでもなんでもない事です。当然ながら質問される方が悪いわけでもない。つまり会話の流れ的に、よくそういう展開になるというだけの話ではありますが、その流れの中で、上記のような展開になった時は必ず、「いつか、機会は訪れるでしょう」と答えるようにしていました。その「いつか」は、それほど遠くなく(自分は50歳くらいまでにはそのいつかの機会が訪れてほしいとは思っていましたが、、、)2014年1月に訪れたわけです。

アラスカのアンカレッジから車で3時間程度走らせたアラスカ山脈の玄関口でもあるタルキートナという町で、
「いつか」が現実になりました。やはり、オーロラは虹やブロッケン現象とは比較になりません。その動き、その色、その輝き。すべてをとっても自分的には自然現象の最高峰だと思います。そもそも日本でオーロラをみられる確率はほぼゼロに等しいわけですから日本でみられる自然現象と比較しても意味がないのですが、とにかく言葉は「うぉー」とか、「わぁー」とか、感嘆詞しか口から出てきやしません。(最初の2、3分だけですが、、)
視界を覆う巨大なオーロラは想像を遥かに超えていました。頭から水でもかぶらない限り冷静にはなれないでしょう。とはいえ、自分は撮影の仕事で現場にいるので、頭と心を切り離す術をなんとなく体得していまして、心の中で小さく感動し、頭で努めて冷静に手を動かし機材を扱うというような事を意識してやっておりました。プロボーラーが一回や二回のストライクでガッツポーズしないのと似ているかもしれません。と、そんなこんなで最初に撮影した一枚がこちらです。この後も大きく姿を変化させ意思が宿った生き物のよう。ロケーションは真横に道路、奥に小さなタルキートナの村があり、わずかにもいくつかの光が入り込んでいます。途中、車が自走してライトでチカチカしたり、アラスカ鉄道の列車が走ってきたり、なんてこともありました。写真的にはよくみるオーロラ写真となんらかわりのないものかもしれませんが、やはり初めてのオーロラという事で、ただただ嬉しかった。

一緒にいたガイドは、この程度か、と言わんばかりに車の中に入ったままiPhoneをいじっていたけれど、まあ、
風景に慣れてしまえば、オーロラも扱いが変わってきますよね!

という事でこの日は瞬寝が得意な僕もなかなか眠れませんでした!

人生初オーロラ



posted by jun at 12:05| Comment(1) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

先日放送の情熱大陸「写真家 松本紀生」さんの回で撮影を担当致しました

先週放送された情熱大陸「写真家 松本紀生」さんの回にて撮影を担当させて頂きました。
アラスカの現場では松本紀生さんをはじめ現地在住の大山さんご夫妻、ガイドのラリーさん、TATのスタッフのみなさん、すべての皆様のご協力のおかげで無事に安全に撮影する事ができました。本当にありがとうございました。また製作スタッフ(特に現場で共に同じ釜の飯を食べたディレクターのYさん)のすべての関係者に感謝しています。今回、自分自身にとっても初めてのオーロラでしたが、天から降り注ぐ光は感動の連続でした。今回で3度目のアラスカでしたが、次回は今回以上にアラスカの懐に触れられるように願っています。次回は南東アラスカか、ブルックス山脈にも足を伸ばしてみたい!


GetAttachment.aspx.jpeg


GetAttachment-1.aspx.jpeg


GetAttachment-4.aspx.jpeg


GetAttachment-5.aspx.jpeg


GetAttachment-3.aspx.jpeg


GetAttachment-2.aspx.jpeg


posted by jun at 10:48| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

アラスカより

<業務連絡に関わるお知らせ>

2月27日から3月10日前後まで撮影で厳冬期のアラスカに滞在しております。その関係で3月1日〜3月10日前後まで僻地滞在のためメールや携帯での連絡がつかない場合があります。そのため撮影の依頼や編集関係のお問い合わせ等ございましたらinfo@daishizen.bizまでご連絡頂ければと思います。こちらのアドレスにお問い合わせを頂けましたら、日本滞在スタッフからご返信させて頂きます。また必要であれば私の方から衛生携帯でご連絡させて頂きます。毎度、関係者様にはご迷惑をおかけしておりますが引き続き宜しくお願い致します。

image (2).jpeg
posted by jun at 17:58| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

撮影参加したNHK 死闘!コスタリカ横断850キロ 〜限界に挑んだ日本チームの10日間〜』放送のお知らせ


番組の撮影に参加させて頂きましたARWC(アドベンチャーレース世界選手権)2013『コスタリカ・アドベンチャーレース』のテレビ放送日のお知らせです。

放送日 :平成26年2月28日(金) 後8:00〜9:50
BS1スペシャル

stage06-Chirripo.jpg

image.jpeg


image (1).jpeg



【みどころ】

6大陸の8か所で繰り広げられる"アドベンチャーレース"ワールドカップは、11月、エコツーリズム発祥の地として名高い中米コスタリカのジャングルで最終の勝者が決せられる。26か国60チーム、240名の選手が究極に挑む壮絶な耐久レースだ。4人がチームとなり、絶壁や巨木、そして渓谷を昼夜なく走り抜ける。さらに海岸や山岳地帯を自身の足やマウンテンバイク、ラフティングなどで、技と体力を駆使し、10日間かけて850キロ先のゴールを目指す。

北のニカラグア国境から南のパナマ国境まで、まさにコスタリカ全土を縦断する。しかも、太平洋岸から大西洋岸へ向かうとともに、海抜はゼロmから3800mへ、気温は5℃から37℃、乾燥サバンナから熱帯多雨林・雲霧林など、自然環境は激変する。過酷な自然をどう克服するかが、レースのカギとなる。食料や寝袋などはすべて自分たちが背負って走るノンサポート。しかも昼夜の別なくレースは進み、休息、睡眠などは自分たちで判断する。自己管理能力や判断力、生活技術などの力が問われるサバイバル・レースだ。

番組では、並走撮影や空撮など、多角的な映像取材を行い、最終決戦のハイレベルな戦いの様子を、舞台となるコスタリカの豊かな自然の中に描く。
posted by jun at 17:40| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

厳冬期アラスカ滞在 1月23日〜2月7日前後

<業務連絡に関わるお知らせ>

1月23日から2月7日前後まで撮影で厳冬期のアラスカに滞在しております。その関係で1月29日〜2月7日前後まで僻地滞在のためメールや携帯での連絡がつかない場合があります。そのため撮影の依頼や編集関係のお問い合わせ等ございましたらinfo@daishizen.bizまでご連絡頂ければと思います。こちらのアドレスにお問い合わせを頂けましたら、日本滞在スタッフからご返信させて頂きます。また必要であれば私の方から衛生携帯でご連絡させて頂きます。毎度、関係者様にはご迷惑をおかけしておりますが引き続き宜しくお願い致します。

写真.JPG
posted by jun at 11:34| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

アドベンチャーレーサー時代の写真

昨日、1枚の写真がSueさん(チームイーストウィンド田中正人氏の奥様)からfbに送られてきました。某番組に過去のイーストウィンドの過去写真の依頼があり、ガサガサと藪漕ぎのごとく古い写真を探していたら、僕の写真が出てきたのだとか。もう16年も前の写真。というと19歳の写真になるわけですが、、、。超がつくほど懐かしい。この写真がどこで、何のトレーニングをしていて、撮影者が誰なのか(たぶん田中さんなのだろう)も不明に近い。この頃の田中さんの鬼のようなトレーニングは、今でもよき思い出として残っている。話は変わり、田中さんはかれこれ20年以上、現役でアドベンチャーレースの世界の最前線で戦っている。


イーストウィンドのURLは、http://www.east-wind.jp/index.html

1543179_10202688448153658_257354374_n.jpg
posted by jun at 00:55| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

謹賀新年2014

新年明けましておめでとうございます。

昨年中は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

2014年、今年もいよいよスタート致します。今年はどのような1年になるのか、今からドキドキ、ワクワクしています。
今年の年末年始は、八ヶ岳の根石小屋にお世話になりまして、その後、南アルプスの鳳凰、薬師小屋でも過ごさせて頂きました。おかげさまで寒さと引換えに美しい冬景色と出会う事ができました。特に南アルプスの鳳凰では富士山、白根三山を中心とする南アルプス、八ヶ岳、奥秩父、そして甲府盆地とその景色は、言葉で語り尽くせぬ程の風景で、心に染み込んでいくようでした。一体、生きている間に、命ある間に何回、このような風景に出会えるだろうか。「しっかり生きよう。今を大切に生きよう。」そんな事を感じさせてくれる風景でした。

また、駐車上から夜叉神峠に向かう途中に、1枚の芦安中学校の啓蒙文章でしょうか、ある文字が自分の目に飛び込んできました。それは「自然がなければ人間もない」という文字。当たり前の事と言ってしまえば、それまでの話ですが、自分的にはなかなか自覚的にその文字を頭に入れておくことは難しい事だと感じています。2014年を迎える上での心構えとしまして、僕は道中にみつけた、その「言葉」を改めて大切にしていきたいと感じています。人間も自然の一部であるという当たり前の事実から、誠実に、謙虚に、畏怖の念を抱いて自然と触れ合っていくという事を忘れないために、「人間と自然の心地よい関係」を維持していくためにも、あるがままの自然に対し人間は一歩後ろに引くぐらいの気持ちで自然と向き合っていくべきなのかもしれません。僕は、その姿勢を保ち、あるいは、より磨きをかけていくという意味でも、さらに自然と積極的に触れ合う機会が必要だと考えています。さて、今年はどんな壮大なドラマが生まれてくるでしょうか。今からドキドキ、ワクワクです。




DPP_0009.JPG

DPP_0006.JPG


DPP_0005.JPG

DPP_0004.JPG

posted by jun at 11:36| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

美しき景観 八丈島

夏。八丈島を訪れる機会がありました。空港から降り立ち、レンタカーを借り、街をドライブするや、あまりの街の景観の美しさに圧倒されました。一貫した景観美。メインストリートの歩道の舗装路のほとんどは溶岩が切り出され、敷き詰められていました。また、流人が築いたとされる玉石垣に至っては、個人的には今年度、自分自身の目で「みた、たしかめた」景観の中でも最高傑作の景観美でありました。そして、どこからでもみることができる八丈富士の雄大な景色。ゆったりとした島の時間は、どこの離島や島でも売りにしている文句かもしれませんが、この歴史的景観や、美にこだわる意識の高さは、八丈島の個性のひとつなのでしょうか。もちろん、人のおもてなしの心も素晴らしく、食事も美味しかった事は書くまでもないけれど、、、。

IMG_0271.JPG


IMG_0288.JPG

IMG_0325.JPG


IMG_0321.JPG


IMG_0640.JPG


IMG_0307.JPG


posted by jun at 02:58| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋深まり

秋も深まり、と書きたいところではありますが、久しぶりのブログです(反省)8月の中旬以降、更新しておらず。この2ヶ月、やたらと動き回っておりました。なかなか後ろを振り返る時間がなかったといえば嘘になりますが、個人的には大げさではなく、近年稀に見る充実した時間を過ごしておりました。視線を関東近郊の山に移せば、もうすっかりと秋。紅葉。山は燃え上がるようであります。我が息子も大きくなりました。最近はプリキュアなる女子向けの格闘アニメなのでしょうか、やたらとはまっているらしく、自宅にいる時はすぐに息子が変身モードに入り、パンチ、キックを繰り返す。子供がいない時期は、時間の経過を季節や年号で感じたものですが、今では子供の成長こそ、自分にとっての時間なのでは?と感じています。子供が覚える新しい単語を耳にする度に、時が過ぎた事を実感するのです。子供の成長が何よりも楽しみである事はいうまでもありませんが、自分自身よりも子供の成長の方が数百倍、早い!特に片付け!僕をみているからか、やたらと片付けがうまい(使ったら元に戻すという基本ができている)片付けができない、という話はともかく、もう冬の足音が、、、。とにかく、2013年も後悔のないよう、残り数ヶ月ですが、全力疾走する決意であります!


IMG_00111.JPG
posted by jun at 02:26| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月15日

「なぜ」を「場所」で考える日

8月15日。68回目の終戦記念日を迎えた。
今、この21世紀、世界は平和になったかと問えばそんな事はありはしない。今、危機的状況にあるエジプト、シリアと悲惨な状況になっている国、地域なども確かに存在するし、水がない、金がない、というある種の貧しさから暴力で物事を解決せざるを得ない人たちもいるだろう。
 この日を迎える度に、「なぜ」という疑問が頭を駆け巡る。なぜ、人は同じ過ちを繰り返すのだろうか。なぜ、人は「対話」ではなく「戦い」という行為で物事を進めようとするのか。なぜ、人が人を殺める行為が存在するのだろうか。なぜ、握手してハグして仲良くできないのだろうか。
 確かに大げさに話を広げようとしなくても、身近な話としてならよくある話として理解できなくもない。
別に国家や民族同士の争いだけが全てではない。ヤクザ同士の抗争に始まり、常軌を逸した夫婦ゲンカまで身近な争いなど星の数ほどあるのだから、、。そして鎌倉時代、室町時代、戦国時代だって、どれほどの人間が斬り斬られたか。
 言葉を並べながら平和を考える事にあまり意味がないように僕は思う。しかるべき「場所」で、「なぜ」を問うこと。そしてよりよい未来を想像するために、その「場所」が残されていると思う。日本にもまだ、「なぜ」を問いかける「場所」がたくさんあるはずだ。

下記は、アウシュヴィッツ第一強制収容所とアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所の写真。









アウシュヴィッツ第一強制収容所とアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所の写真です。




_MG_3732.jpg

_MG_3731.jpg

_MG_3979.jpg

_MG_3918.jpg

_MG_3903.jpg

_MG_3887.jpg

_MG_3880.jpg

_MG_3872.jpg

_MG_3869.jpg

_MG_3823.jpg


_MG_3820.jpg

_MG_3808.jpg

_MG_3802.jpg

_MG_3789.jpg

_MG_3785.jpg

_MG_3780.jpg

_MG_3775.jpg

_MG_3906.jpg

_MG_3657.jpg

_MG_3649.jpg

_MG_3769.jpg

_MG_3759.jpg

_MG_3600.jpg

_MG_3587.jpg

posted by jun at 14:25| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SYNQAにて平賀淳ワークショップ「極限環境のワークプレイスに学ぶ「快適」の考え方」開催終了

株式会社イトーキが2012年に完成させたイトーキ東京イノベーションセンターSYNQA(シンカ)という先進的なオフィス空間で、先日、ワークショップ「極限環境のワークプレイスに学ぶ「快適」の考え方」を開催させて頂きました。
極限の環境を想定し様々なケースステディの中で、実際にテントを立てたり、アルファ米を食べてみたり。あるいはみんなで想像を膨らませながら極限環境の快適さを想像したり、議論したり、、、。

 素晴らしい参加者の皆さんとこのような機会を与えてくださった株式会社イトーキの皆様に深く感謝申し上げます。

下記、SYNQAのウェブサイトです。
http://www.synqa.jp/ 


主催:株式会社イトーキ
企画:一瀬 圭介、撮影:嶋津 穂高 ケータリング:モコメシ、
協力:THE NORTH FACE 、mont-bell、尾西食品、ウェックトレック、

また、今後も継続して日本全国で独自のワークショップを開催していきます。学校、教育機関、企業等でもご興味のある方はjun_hiraga@hotmail.com までご連絡頂ければと思います。(全てのワークショップが上記タイトルの内容ではありません)



IMG_0858.jpg

IMG_0383.jpg

IMG_0722.jpg

IMG_0295.jpg

IMG_0622.jpg

IMG_0903.jpg
posted by jun at 11:29| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8月16日 長野朝日放送「abnステーション」にて特集が放送されます。

告知と宣伝です」
8月9日〜11日に長野朝日放送の取材で訪れたえ北アルプス涸沢ヒュッテ。そこに東大医学部の鉄門山岳部OB,OG,現役学生で運営される診療所があります。短い時間ではありましたが、CAMとして御世話になり、天候にも恵まれ、撮影、取材をすることができました。長野県内で放送される夕方18時15分から「abnステーション」にて特集で放送されます。
長野県内のみの放送という事です。長野県内ご在住の皆様、どうぞ御時間あれば是非、ご覧ください。

下記、「abnステーション」のサイトになります。
posted by jun at 10:06| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月14日

SUZUKI X-adventureトレイル シリーズ第2戦 “SALOMON The4100D マウンテントレイルin野沢温泉 放送のご案内

番組の告知です。

先日、撮影で御世話になりました番組のご案内です。

「SUZUKI X-adventureトレイル シリーズ第2戦 “SALOMON The4100D マウンテントレイルin野沢温泉”(2013年7月14日開催)」のTV番組放送予定日ですが、長野朝日放送さま以外の放送予定日の確認がとれましたので、以下に掲載させて頂きます。


長野での放送を皮切りに、福島でも、静岡でも・・そしてBS朝日にて全国でご覧頂くことができますのでお楽しみに!


−−−−−−−−−−−−−−−
■ 長野朝日放送:8月18日(日) 12:00〜12:55
■ 福島放送:8月29日(木) 14:00〜14:55
■ 静岡朝日テレビ:8月29日(木) 24:55〜25:50
■ BS朝日:9月1日(日) 15:00〜15:55
−−−−−−−−−−−−−−−
以下、番組公式ページから抜粋


◆難関トレイルレースに挑む勇者たち!その魅力に迫る!
 山道を駆け抜けながら、自らの限界に挑む山岳耐久レースとして注目度が高いトレイルランニング。野沢温泉を舞台にしたこの大会は、全長65km、累計標高差4,100mという大自然を生かしたコースを制限時間20時間で走りぬく過酷なレースだ。
 体力の限界に挑むのは国内外からエントリーした男女約550人のランナー。選手たちは長野五輪バイアスロン会場となったオリンピックスポーツパークを基点に3つのセクションに挑む。コースはスキー場の地形を生かした急峻な山々を利用し、一気に上り一気に下る日本屈指の難関コースだ。スタート直後は日本情緒溢れる温泉街へ。湯煙の中を駆け抜けるランナーに湯治客や土産屋から大きな声援が飛ぶ。スタート地点から一気に1,000m上昇した山道では、鎖場、ガラ場がランナー達の足元を襲う。コース最高到達点1,645mの毛無山山頂周辺は、高山植物が可憐な姿を見せており、この過酷なポイントを通過すると一気に下る。そのほか、修験場として有名な小菅神社参道の杉林、滝、湖などランナーを苦しめる大自然はレースの見どころだ。
 番組をナビゲートするのは、肉体派タレントとして体力には自信のある武井壮。過酷なレースを臨場感たっぷりに伝える。

posted by jun at 14:50| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

長崎の友人からメロンが届いた

長崎の友人竹田さんから我が家にメロンが届いた。封を解き、開けてみるとマルマルとしたメロンが4つ、入っていた。しかし、自分の目を丸くして驚いた事は、なんとそのメロンに祝 平賀 結喜 と自分の息子の名前が刻印されていたのだ。刻印と呼んでいいものか、あるいは彫刻なのか、あるいは、、、。いずれにしてもこのようなネーム入りのメロンを見たこともなければ聞いたこともない。まして自分の息子の名前が刻まれたメロンなど、この世に実在するとは1mmも思っていなかっただけにこれほど嬉しい事はない。もちろん自然に名前が刻まれる事はなく、特殊な手法、工法等により作れたものなのでしょう。さっそく長崎の竹田さんに御礼の電話をすると、「実は、ある工法で名前を入れる事もできるが、失敗する事もある」という。きっと大切に大切に育ててくれたに違いない。そして何よりその気持ちが嬉しかった。味は言うに及ばず、フルーツ好きの息子もカブトムシさながらメロンにかぶりついていた。本当にありがとう!
長崎の島原半島の国見町。温暖な気候。太陽、水、空気、そして生産者の努力と汗で作られたメロン。
やはり生産者の顔がみえる食というものは、どこまでも暖かく、食のスパイスとなる。気がついたら、息子だけでなく、僕自身もカブトムシのようにメロンの蜜に吸い付いていた。


IMG_0929.JPG

IMG_0927.JPG

IMG_0924.JPG

posted by jun at 22:47| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

マサイ族とジャンプ対決

マサイ族の皆さん(戦士と呼んだ方がいいのか)とジャンプ対決をした事がある。僕はもちろん跳躍力に自信があるわけではない。勝てるとも思っていないが、こうやって改めて写真でみなおしてみると、まったくといっていいほど飛べていない。負けているからといって悔しいとも思わないが、よくあるテレビの企画のような事をやってみただけなのだが、以外と楽しい。別に言葉がたいして通じなくても一緒にジャンプしているだけで、心が通じているような気がしてくるものだ。

_MG_5618.JPG
posted by jun at 23:06| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

世界文化遺産決定からの初富士登山

7月8日。富士山の富士吉田口からの富士登山。
日帰りの登山でおまけに平日とあってマイペースで登山する事ができた。一人、写真をとりながら、およそリサーチするつもりでゆっくりと富士山の頂きまで歩いていく。登山道はゴミひとつ落ちていない。
あまりにもきれいな登山道で驚いた。正直、びっくりした。世界でも登山者が数十万人と訪れる場所でこれだけゴミが落ちていない登山道は見たことがない。もちろんハイシーズンではない、という事もあるだろうが、恐らくコツコツとゴミを拾われていらっしゃる方がいらっしゃるのだろう。そして登山者のモラルも向上したのだろう。あまりのゴミのなさに、とにかく驚きっぱなしでした。登山道には探しても探しても、どこを探しても、ゴミ一つ、ちり紙一つ、落ちていませんでした。これ、本当の話です。今から約20年前に富士登山で訪れた際は、おおげさではなく登山道がゴミだらけで、雨玉だのチョコレートのカスはあたりまえで、特に簡易的に酸素を吸うためのスプレー式ボンベがそこらじゅうに散らかっていたのだから、かなり状況は上向きに変わっている。昔話は置いておいても、登山中に後ろを振り向けば八ヶ岳、南アルプスが眼下に広がって眺望もよかった。途中、ガスが巻いてきたが、そんな事は山ではなんでもない事。富士山の山頂で思いっきり深呼吸して純粋に登山を楽しんで下山。これから入山料を含めて様々な解決しなければならない問題があるのでしょうが、ぜひ、一歩一歩、解決に向けて歩んでもらいたいと思います。
僕のブログではこのタイミングでは書かないけれど、いろいろと問題のある箇所も発見したりと個人的には実りある時間を過ごす事ができた。さてさて今年は富士山に後、どれくらい登る事になるだろうか?


IMG_9155.JPG

IMG_8810.JPG

IMG_8917.JPG

IMG_9086.JPG

IMG_9156.JPG

IMG_9212.JPG

posted by jun at 01:04| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

南アの季節

皆様、多数の応募ありがとうございました。
7月1日23時に締め切らせて頂きまして、既に当選者の方にはお伝えしております。
ということで無事に第三弾を終了する事ができました。

さて、本格的に夏を迎えようとしています。梅雨もあと少しで終わりなのでしょうか。今年は水不足が指摘されているようですが少しはよい方向に向かっているのでしょうか。

今年も富士山は良くも悪くも賑やかになりそうですね。個人的にはやはり、この時期はなんといっても南アの季節。(南アフリカではなく南アルプスですよ)南アルプスの雄大な自然と静かな空間が大好きです。最近は特に両俣小屋近くの原生林の森がお気に入りなのです。さて、今年はどんなドラマが待っているでしょうか。

_MG_5847.JPG

_MG_5952.JPG

2012346110011.jpg


201234600012.jpg


posted by jun at 03:38| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

アンドラ大会オリジナルTシャツプレゼント

先日、取材に訪れたアンドラのトレイルランニングの大会オリジナルTシャツを
男女1名づつ、プレゼント致します。

完全自腹企画第三弾です。

第一弾はアメリカ、ウェスタンステイツのTシャツ(既に終了)
第二弾はウルトラ・トレイル・デュ・モンブランのTシャツ(既に終了)

そして、今回のアンドラが第三弾。

写真.JPG

ちらかった部屋で、アイフォンで撮影したので、詳細がわかりにくいとは思いますが、、、。

この右側のTシャツはサイズがSなので女性。左の赤いTシャツのサイズがMなので男性。
なんとなく会場で手にとり購入したものなので、実際に手元に届いた後にサイズが合わなかったら申し訳ないです。そしてあくまで記念Tシャツなのでデザインだとか、機能性だとか、あまり求められてもしっかりとお応えできないかもしれませんが、とにかく欲しい、これを着て山を走りたい、飾りたい、寝巻きにしたい(使い方は自由)という方。

jun_hiraga@hotmail.comまでご連絡ください。 8月8日、「山の日」に必着でお送り致します。

ちなみに、応募締切は、本日7月1日午後11時までです。







posted by jun at 13:08| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

毎日放送「情熱大陸」トレイルランナー山本健一 本日放送

本日、トレイルランナー山本健一選手が、情熱大陸で登場します。

スペインとフランスのピレネーの山々に囲まれたアンドラという小さな国で開催された170キロにも及ぶトレイルランニングの大会で私もカメラマンとして御世話になりました。ピレネーを舞台に激走する山本健一選手、6月30日23時からです。

下記、番組サイトです。
http://www.mbs.jp/jounetsu/

kenichi-2.jpg

kenichi-1.jpg 
<撮影:藤巻翔>



pirene.JPG

posted by jun at 21:23| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

ヨーロッパのアンドラから帰国

本日、スペインとフランスのピレネーの山々に囲まれたアンドラ公国という小さな国から帰国しました。言語はカタルーニャ語です。詳細は、後日、お伝えするとしまして、ヒマラヤから帰ってきてからというもの、まったく落ち着かず。右へ左へと動いてばかりで、まったく落ち着いた生活ができていませんでした。今は、お得意の時差ボケ状態で、深夜2時に目覚めるという歪んだ早起きを実践。年齢と共に時差ボケが体にきつく、特にヨーロッパからの時差ボケの後遺症は毎回、かなりひどい事になっている。とにかく、無事に帰国できたという事で、ピレネーの大自然、そして現地で御世話になりました全ての皆様に感謝感謝、大感謝です。

pirene_1.jpg
posted by jun at 04:46| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

キョロキョロ運動

最近、やたらと息子が元気だ。元気な事はいいことなのだが、とにかく走る。どこでも走りたがる。2歳を過ぎる頃に、ようやく頭と体と足のバランスがよくなり、スムーズに走る事ができるようになったらしい。転ぶ事もあるだろうが、思うように足を動かす事が出来て嬉しいのだろう。とにかく周囲の危険物の事などおかまいなしに元気に走り回っている。そんな息子に、「車は危ないぞ、自転車は怖いよ、曲がり角はいつ誰が飛び出してくるかわからない」と教えても、あまり効果があるように思えない。当たり前だが、頭で理解できるよな年齢でもないのかもしれない。かといって、体で覚えるには少々、危険すぎる。当たり前だが車にぶつかってからでは遅い。危険予測もできないし、実際、予測できる大人でさえ、事故に遭遇する時は遭遇する。例え本人が望んでいなかたとしても、、、。我が家の場合でも子供の行動から目を離さず、日頃から交通安全のイロハを教えてはいるのだが、とにかく不安で不安で、、、。そこで、今日から突然、僕が閃いて息子に教えている事。それは、「キョロキョロ運動。」
今までは、「とにかく周りをよく見ろ」だとか「車は怖いぞ」とか、「赤信号は渡るな」という事ばかりをくり返し教え込んでいて、別に間違った答えではないにしても、うちの息子に限り、なかなか効果があるのかないのか、わからない状態が続いていた。そこで、とにかく「キョロキョロしろ」という1点に絞って教えてみた。つまり、周囲に気をつけろ、と言いたいわけだが、キョロキョロして周りをみろ、という事に絞って教えてみた。次いでに、自分で「キョロキョロ」と言わせてみた。キョロキョロして安全確認が終わるまで走るな、と教えてみたのだ。これが以外によかった。恐らく単に「キョロキョロ」という擬音語が、うちの息子に受けがよかったのか、首を大げさに振りながら確認する動作がよかったのかはわからない。まあ、キョロキョロして、周りを確認する事は悪いことではない、あくまで安全を確認するためならば、、、。これが大学受験ならば、一発で退場という事はあるかもしれないが、子供の場合は、できるだけ「キョロキョロ」した方がいい。いつまで続くか、それも効果があるかは不明だがしばらく、この運動を展開していこう!
posted by jun at 00:15| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

本郷さん、結婚式

日本映画学校時代の同期の本郷さんの結婚式。かわいらしく、しっかりもののお嫁さんをもらい、終始、デレデレの様子の本郷さんをみると、こちらまで幸せな気分になる。今は、立派なテレビのディレクターとして大活躍しておりますが、学生時代から面倒見がよく、飲みに連れていってもらった事を覚えている。もちろん、今でも定期的に飲みに行ってはいるのだが、、、。そして、悩み相談も聞いてもらい(聞き上手なのです)、アドバイスをもらったりと、気遣いのできる人でした。(別に、持ち上げたところで何も出てこないことは百も承知だが。)披露宴も終わると、皆で胴上げ。「俺は胴上げはいいよ」と照れながらも、男達の威勢のよい掛け声の中で、空高く3回舞った本郷さんの姿に、大感動。こういう感動に巡り合うためにも、とにかく、生きて生きて、長生きしようと、心に決めたのだ。

R0014767.JPG
posted by jun at 23:43| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月31日

同ポジ

同ポジで、チョモランマの朝焼けを狙う。震えるほど寒い環境の中で、山の色が刻々と変化する姿を楽しむ。寒空の中でも「いつか太陽があがってくる」と思えれば、どんな寒い夜でも案外、我慢できるものだ。

1.jpg
posted by jun at 10:43| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

エリック・ワイナイナ選手

今年開催されたサイパンマラソンに出場するエリック・ワイナイナ選手。アトランタやシドニーのマラソン大会のメダリストである。気さくな人柄で知られるが、市民ランナーの皆さんとの交流する姿をみて、人柄が体から滲み出ているような気がする。しかし、レースが始まればもちろん最強ランナーの顔になる、と思いきや、沿道からの皆さんの声援に手を振り声援に応えたり、時にハイタッチする事も。実にサービス精神旺盛なのだ。(あくまで市民マラソン大会のある風景の一部のほのぼのとした話のひとつとして)
 もちろんスマイルなしの緊張感ある素晴らしい走りを何度も目にしている。今年のサイパンマラソンも、太陽がジリジリと昇り始めた頃、ハーフマラソンに出場していたエリック選手が、笑顔で走ってきた。結果はもちろん優勝ではあるが、日差しを浴びながら笑みを浮かべつつ走り過ぎていく風景はなんとも心地がいい。

IMG_1640.JPG

IMG_1645.JPG

IMG_1614.JPG
posted by jun at 12:25| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

車谷長吉著「赤目四十八瀧心中未遂」

幼馴染で親友のK氏と、オイスターバーで飲んだ。日本に帰国し、久しぶりにうまい酒を飲んだわけだが、家庭の話や子供の話、仕事の話などして盛り上がった。また、紹介したい本があるとの事で、最近の面白かった書籍の話題になったのだが、どんな本なのかと聞けば、車谷長吉氏の「赤目四十八瀧心中未遂」という書籍を紹介してくれた。聞いたことがある作家の名前のような気もするが、当然、そのような本は読んだ事がない。K氏曰く、とにかく面白すぎるとのこと。一度、手にとって読んで欲しいというが、そんなに簡単に本屋でみつかるものなのだろうか。もちろんアマゾンで購入すれば簡単なことのようにも思えるが、、、。そして今日、さっそく近所の本屋で、店員さんに探している本があるのか伺うと、「はい、あります」とすぐに返答。ものの1分で、探している本が手に入った。近所でさがしている本が直に手に入ると、余計に嬉しい。思えば、自分の持っている「情報」ばかりに頼りがちで逆に他人から入ってくる情報を素直に受け入れられない事が多いように思う。(これは自分の事を指して言っているわけですが)はっきりいって知らないことだらけで、周りの人から教わることばかり。面白そうな情報に、おもいきって乗っかってみるのも、とても大切な事のように思う。5月中の夜は、この一冊を読んで過ごす事にしよう!(この一冊を読み終えた後は、サハラに死す−上温湯隆の一生 上温湯隆著 長尾三郎編 講談社文庫を読む事にしよう!)

51Q9EXKJD6L._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_.jpg
posted by jun at 22:54| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

街が好きだ。人がやたらと集まる所が好きだ。

人がゴミゴミしているところがあまり好きじゃない、という人がたまにいますが、僕は、渋谷もニューヨークも、
パリもイスタンブールもマラケシュも、下の写真のようにカトマンズのタメールも大好きです。なぜなんだろう?僕にもわからない。

IMG_5238.JPG
posted by jun at 00:14| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

祈り(ボウダナート)

カトマンズのボウダナートでみた深く安らかな祈り。


IMG_4997.JPG
posted by jun at 21:39| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペンバ・ドルジ・シェルパ

ペンバ・ドルジ・シェルパ。彼ほど、力強く、物語性豊かなシェルパを僕は知らない。2007年に、共にエベレスト山頂に立ち、私たちの様々なチャレンジにも献身的にサポートしてくれたシェルパである。そんな彼が、今、まさにエベレスト最高齢登山家のシャルチャン氏と共に来週にもエベレストにチャレンジするのだそうだ。今回、エベレストで、シェルパと西欧人が乱闘騒ぎなる騒動を起こしたというが、近年のクライミングシェルパの意識も、50年前のシェルパの意識とはだいぶ違うのかもしれない。もちろん、シェルパに限らずポーターの意識も。時は確実に流れているのだ。時代によって人間の意識も変化するもの。ペンバ・ドルジ・シェルパ。僕が関わったヒマラヤの時間の、この10年の間に、彼ほど、良くも悪くもダイナミックに変化し続けたシェルパもいないように思う。とにかく、無事に下山し、また、愛くるしい目で、活動を展開してもらい。


DSCF0958.JPG
posted by jun at 01:00| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

三浦雄一郎先生、エベレスト登頂!

もう新聞の号外が出るほどで、5月23日のニュースといえば、三浦先生のエベレスト登頂のニュースだろう。詳細もテレビやなんやで、続々と流れているようで控えるにしても、本当に素晴らしい偉業達成、おめでとうございます。また豪太さんはじめご家族、そしてサポートのシェルパのみんな、カメラマンの平出、本当におめでとうございます。ベースキャンプに滞在しているスタッフ、事務所スタッフもお疲れ様でした。三浦先生は、一か八か、英語で「Do or die」の精神で幾度となく冒険をされて、そして生きて還ってきた尊敬する先生です。まだ下山があり、これから緊張感高まるところではありますが、ひとまず自分事のように嬉しく思っています。どうぞ、無事に下山してきてください!

思えば、忘れもしない1994年5月1日、韮崎高校1年生だった僕は、敬愛するアイルトン・セナがF1レース中の事故により亡くなられた時の事が衝撃として心に残っている。人生、いつ何があるかわからない。親孝行も生きているうちだけともいうが、この時、生きているうちに会いたい人に、なんらかのアクシデントにより二度と会えなくなる事もあるのだという事を、幼いながら悟った。今からマラドーナに会いたいと思えば、(アルゼンチンの彼のご自宅に伺い、彼が会ってくれるというのであれば)会えるかもしれない。(相手あっての事なので会いたくても会ってくれないかもしれないが)ところが、セナにはもう会えない。1994年5月1日以降は。もちろん映像や写真や魂の交流というものもあるだろうが、実際にはもういない。つまり、元気かどうかはさておき、会いたい人には「今」能動的アクションを起こして、会っておいた方がいいのだろう。それは決して有名人に限定した話ではもちろんない。親、兄弟はもちろん夫婦、恋人、友人にしてもそうかもしれない。もちろん、自分がアクシデントに遭遇することもあるだろう。(病気だてある)僕は高校一年生の
他にも尊敬する先輩が事故で亡くなった事をきっかけに「素晴らしい出会い」こそ、人生にとって一番価値があるのではないか、と想像していた。もちろん、逢いたい人に会ったから、出会ったからといって、その出会いが何か自分にとって意味があったかどうか、それはわからない。宝くじと一緒で、買わないとあたらないみたいに、会わないとわからない事もある。

何がいいたいかというと、三浦先生に、逢いたいと思った頃、2003年、エベレストベースキャンプでお会いすることができた。その事がとても嬉しかった、という事が言いたいのだ。実際は、1998年に事務所でお会いし、本にサインを頂戴したのであるが、やはり事務所というシュチュエーションではなく、山というフィールドでお会いできたとう事がとにかく嬉しかった。当時、70歳の初めてのエベレスト登山のチャレンジの時だったのだが、大きく静かにゆっくりと呼吸し、物想いに耽っているような仕草、ただぼーとしているだけなのかもしれないが、オーラを感じたし、20代前半の自分からみれば、もう男の生き様を至近距離で観察しているような感じだった。いつまでも夢をおいかける少年のような人。特に言葉を交わすわけではもちろんない。唯一、この下の記念写真を撮影する際に、不器用に腰をかがめて煽って撮影している僕に「腰がまがってるね」と笑いながら行ってくれたこと。どうでもいい文脈ですが、自分にとっては宝物のような言葉なのです。
とにかく、80歳のエベレスト登頂の偉業の素晴らしさと同時に、誰よりも夢を持つ事を尊ぶ先生の生き様に強く感銘を受けました。写真は、2003年のネパール側エベレストにおける三浦先生と野口さん。

PIC01166.JPG
posted by jun at 02:24| Comment(0) | ワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする